はぎの毎日奮闘記

某美大通信3年次編入生です。最短卒業を絶対目標に頑張っています。

この頃は絵描くのがしんどいです。というか全部めんどくさくて、何もできずにいます。再提出は溜まり、膠は腐り、部屋にゴミは溜まり、駄目人間代表で世界を目指そうかというレベルです。いくら寝ても眠い。食べ物もあるだけ食べてしまってセーブが効かない。

食べてれば大丈夫ってなんか根っからの理論でどう考えてもデブより痩せている方がいろいろといいなあとデブからの妬みを言っておく 自己管理ができてないとか、おっしゃる通りです。体調不良は全てそのせいにされておしまい。

 

絵は寝ずに描くものだと考えているので、他のことをしていると、不満を言われる環境です 通信では、そう言った自分以外の環境も必要不可欠であると思いました。いろいろなことがあり、もう絵を描くことは作業であって、最近は時給で決まった給料がもらえることが、すごく素晴らしいことだと思います。これ考えたらおしまいだということが、常に頭をよぎっています。そんなことを考えると、全て絵に費やす出費が馬鹿馬鹿しくなっていて、絵の具をはじめ、下書きする紙でさえ躊躇うようになりました。何でこんなお金を使って、可燃ゴミ作ってるんだろうと思うからです。このお金で、好きな画集を買ったり、他のものを買い物をしたり、どこか出かけたりした方が、駄目人間から抜け出せる投資に使うべきだということ、今の状態に危惧すべきだと感じるからです。 実際そんなことを考えて描いた絵は醜く、再提出はもちろん合格しても、すぐ捨ててしまいます。あんなに綺麗な絵の具も、画面に載せた途端にひどく安っぽいだめなものに変わっていくためです。これがすごく嫌な気分になってすぐ描くことをやめてしまいます。いい絵の具を買えば、モチベーションが上がるのかと考え、天然の高価な絵の具を買って見たりもしましたが、買えば買うほど価値を活かせない自分の駄作が汚くて汚くてしょうがなくなるのでした。なんて面倒臭いんだろう・・・

スクーリングも苦痛で苦痛で、またも何でこんな嫌な時間にお金を払っているんだろう、と思うことになっています

スクーリングは1単位につき、13000円とあります。これは本当に1単位そのもので、大部分のスクーリングは、6日間のものが多いです。私が行っているコースはこれしか・・・・そのため、一科目26000円になります6日間2万6千円。別に画材費全て自己負担で、それプラス材料費がかかる授業もあります・・・

内容は自由で自由でない矛盾した闇雲な時間です 90分と言う括りもないので、朝から晩まで椅子に座って作業することが強いられている(わけでもあくまで自由。そこが怖い)ため です 一度行けばその雰囲気がわかるはず・・・

 

まとまりがない。綺麗なことはない 

あと3年科目になるとヤングでフレッシュな若い人が急にいなくなってしまっているのですが、さみしいですね クラスということにしときますが 退職後のお偉い方ばかりで身が引けるということだけです でも年齢=若さではないです。これは確実に言えます。私が一番老けてて腐った性根の年寄りだからです

再提出を何回もやっている日々です。納得がいくことができません。添削通りに直しても、全く正反対なことを書かれたりします。学習指導書とはかけ離れたことをやっている科目もあります。1単位の単位です。もう1万字以上書いています。通信課題のみの科目は、何度も書きますが段違いに採点レベルが高く、驚愕することばかりです。そのギャップがもどかしくなり、同時に怒りにもなります。どちらかというと、面接授業で厳しい指摘や採点をされる方が、モチベーションは上がる気がするし、いくらでもその時すぐに治すこともできるし、場合によってはしなくてもいいかもしれません。そういった選択がスクーリングでは容易にできるためです。再提出は1ヶ月ほど待たなければいけないため、効率がものすごく悪いです。また通信課題の場合その指摘を治さない限り、再提出50点と書かれ続けます。堂々巡りとなっている状態です。なんか、効率悪すぎて、漠然と全て厄介なものにしか思えなくなります。

添削文も、文と文のコミュニケーションは対面とは違い乏しく、一方的な攻撃的なダメ押しを何回も言われ続けなければいけないのです。課題表のノリの質まで指摘されたり、紙が折れてる、切り方が下手、字が下手、絵描いてんのにそこかよ・・・・。

もう課題3枚の課題を10枚以上書いていて、これ以上いいもの描ける量じゃないです。一生懸命書いても変な通信課題で誰でも起こり得るような紙の状態指摘されても何も響きません。

ここで出すの辞めたら負けなのかなとか、悔しいとか、通信課題ってしんどいのに拍車かけてて、卒業させる気は全くないんだなと痛感しました。スクーリングは別料金でがっつりとられるので、お金の力って偉大ですね・・・・大事だなあ

字が汚い

む/さ/び/で生まれて初めて字が汚いと言われます。書道も硬筆で賞状をよくもらえてたので、なんか呆気ないです。手書きで何千字もかき、作品のコンセプト、を永遠と語らされ、再提出として帰ってくるときは、そんなことを書いてきます。

紙面でかもしれませんが、好き勝手言うなあと言うころが正直な感想です。これを見て、先生!!!万歳!!!とはなりませんね

紙面とか通信とかと言う媒体で、相手が一方的すぎるなとも思います。

 

相手がどう言う気持で再提出にするか、相手にどう伝わるか、伝わらないです。それで毎回毎回再提出、添削は1ヶ月待ち、課題の量は膨大、卒業率が悪いことにも、講師には関係ないことです。悪い印象しか持ちません。

卒業できないのは、生徒側だけの問題ではないです。卒業できるかは、その講師にすかれる作品を作れる人です。スクーリングは楽しく元気よく、たのしくお絵描きを描きましょう。に対して通信課題では紙面でボロカスに書かれますし、とても高いレベルを求められます。どちらも全然構わないと思いますがここまでも極端に差があると、作品自体作ることが悪みたいなものになります。スクーリングに行って、あれ?こんな甘いの?これでいいの?と言う漠然とした不安感があります。こんだけ書いてきたのに・・・逆にしたらいいのに。面と向かってお金を払ってる人には言えないんだな、って必然的に思ってしまいます。

学習計画なんて立てても、相手の添削と匙加減なので、意味がないです。あんなページ、作らなければいいのに、レベルが高い人を求めているなら、入試をすればいいのに。

入試の結果や採用の連絡を一生待っている感じです。なんというか、勉強が大好きじゃなきゃいけなくて、学校という言葉が強い学校です。通信制では様々な人がいるかと思います。理由も様々。

個性はいらないけど個性がいる。高いレベルの安売り、切り捨て 

季節の変わり目と、意味のわからない添削文、スクーリングのストレスで持病が悪化しています でもここで辞めると負けな気がして、悔しいです。しかし絶対におすすめはしない。

夏スク、科目試験など、いろいろと終えました。

通信課題はやっぱり異常な難易度で再提出にばっかりなっています。5枚とかポンポン作品として完成させろとか、作品にしたろ!とガンガン動かすと、これは課題なので、あなたは基礎を学びたいんじゃないの?で最低3回は再提出になっています。再提出だらけです。レポートの方も、なんというか講師のさじ加減な感じがします。3回書き直したレポートも、コピペ文をそのまま貼り付けて返されてしまいました。また再提出と言われたら、直接電話して聴こうとおもいます。イラストレーションも第一課題で詰んでいます。3回再提出なので、作品()を9枚描いています。   大量生産する作品。 全然枚数を書くことが苦だということではないですが、課題って型に押し込む作業がすごく億劫になっているためです。 でも作品じゃなきゃ単位はあげません!課題です!って意味わからない・・・・

日本画の本画が課題の再提出ならばちょっと考えます。絵の具だってタダじゃない。そんな高価なものゴミとして扱われたくない・・・・・例え描いたものがゴミでも、描いたものは、考え全否定されて、教師って立場でゴミにして、なんというか、スクーリングでも毎回小学校を思い出します。

お外には出ちゃダメ!先生にいいましょう!ききましょう!はあい!

自由を謳ってて本当はその形に入れようとしまくっている感じです。嫌ならやめろ、って感じ。

その人の好みの絵を描くために勉強したいわけじゃないなと痛感しました。

あくまで個人の感想です。

 

 

そういったこと書くと消されるんですかね学校に

日本画5の通信課題をやりました。

染料を自分で探して、それで小判サイズに染めるというものです。

まず課題1で10枚以上和紙を染め、そこから5点、それともう1点計6点プラス小下図で7点提出するものです。

楮紙や白麻紙、染料、1から集めると、結構な額になりました。これ、再提出になったら色々と最悪な感じです。。

指導書の例にヤシャ、サイカチ、ガンボージなど、と書かれていました。紙面でささっと書いてありましたが、全くイメージがわかりません。今は便利な時代なので、ネットで画像検索しました。今回、えげつなく難易度というか専門度上がったなと思いました。私は自然染料は自然染料だけを使いたいなーと思っていたので、染料を初めて使いました。お値段お安めのものを中心に数点、自然のものを購入。なんだか不思議な気持ちです

f:id:cgcjh716:20170807174246j:plain

これは楮紙に阿仙薬という染料で染めたものです。画像を初めてつけてみる。

この色合いが特にお気に入りです。海賊の宝の地図みたいでテンションが上がりました。外で作業してて夏休みキッズ達がワイワイしてる中、べそべそ半泣きで染めていた中モチベーションをちょっと上げてくれた賜物です。

自然の色味がとても綺麗でした。和紙の繊維ともいい感じに馴染んでいるのかと。

どうしても自己満足になってしまいます。わかりませんね。。でも今度絵を描くとき、画面に貼ったりできたらいいなと思いました。

これ、通信課題ってもったない・・・。

 

白麻紙が紙自体がとても繊細で綺麗なので、課題2のパネルに貼るものは白麻紙に決めていました。でもはり込むとなると、裏打ちが必要です・・・

後日、ドーサ引きして、裏打ちします。これ、通信だけの知識だったら意味わからずで挫折していると思います・・・質問もできますが、何からしていいかわからないレベルです。。通信課題は今までの数字、デッサンが主な課題なので、比較的やりやすいですがこれは準備や、紙の購入、スペースの確保などすごく大変でした。合格することを祈るしかないです。まだ作業があるので、提出できませんが。。

やった感想として、紙は厚めのものを染めたほうがいいと思います。

 

 

添削待ち&修得単位

添削がのんびり。再提出を半月〜1ヶ月待たせるのはちょっとね・・・・

 

造形基礎1 単位取得

 

恐ろしいほど単位が取れない・・・てか待たされる・・・・

暑い

体調不良が続いていてかつ、精神的に追い詰められることばかりでぼんやりしています 課題もガツガツボロクソ書かれて再提出になってます〜でも、クオリティーを求められているわけではなく、あくまで課題で、それ以上、それ以下は弾かれます。あの、お菓子や既製品で規格外サイズは小さくても大きくてもダメなような、そんな感じです。

下手な鉄砲も数打てば当たる戦法で。